*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硬直化している金融機関その3
ちょっと
私、性格悪いかな・・・と
思いながら

昨日も母が預金をしていた
銀行とのやりとりで

ほんと、仕事出来ねぇ~
使えない~と感じて
しまったのと

昨日、友人と話をしていて
彼女のお父様も
たまたま、現職時は教員だったと
いうこともあり

教員関係が使う銀行(?)として
その金融機関のことは知っていたので

「ほんと、だから、あそこ
 どんどんお客が居なくなるのよ」と
言っていたのを思い出し

今朝、複数の銀行に確認してみました。

最初、私の預金口座がある支店に
電話を入れてみたのですが
支店では答えられないんだな・・・と
感じ、本店へ

相続のことでと電話口に出た
職員に告げ

「一般的なこととしてお聞きしたいのですが」

この言葉を使わないと面倒くさくなると
感じたので

「公正証書遺言書があり、相続人が定められて
 いる場合、被相続人の出生から死亡までの
 戸籍謄本って必要ですか?」と私の質問に

A銀行では、男性が出て
「公正証書遺言書があり、遺言執行者が定められて
 いるのであれば必要ないです」

との返答でした。

「遺言執行者」が鍵でしたね。

ネットで調べた時も「遺言執行者」が定められて
いないと、相続人からの申し立てがあったときに
もめるみたいですね。

次に
B銀行本店へ電話をし、相続についてお聞きしたいと
つないでいただき、
この銀行も男性が出てくれました。

そして同じ質問をしたところ
やはり
「遺言執行者が定められていて、公正証書遺言書
 があるのであるならば、被相続人の出生から死亡までの
 戸籍謄本は必要ないですね。
 遺留分がある場合は遺言執行者との話し合いに
 その申し立てをした人との話し合いになります」と
いうことを付け加えてくれました。

そして、最後に
母の預金口座がある金融機関本店に電話をすると

当然、今までの流れで「相続担当」が答えて
くれると思ったら

電話を相続担当につなぐわけでもなく
同じ質問を繰り返すと

即座にその電話口に出た女子職員は

「出生から死亡までの戸籍謄本は必要です」と
の返答。

意地悪く私は
「他の金融機関では、公正証書遺言書があり
遺言執行者が定められていれば、必要ないのとの返答を
いただきましたがこちらでは必要なんですね。
出生から死亡までの戸籍謄本をとるということは
ほかに相続人がいないかどうかの確認をするためであって
公正証書遺言書で相続人がはっきりと定められているのに
必要なんですね」と

私が言うと

「会社の・・・」と言いかけたので

「規約に定められているんですね」と私は
返しました。

分かりましたけれど

戸籍謄本の見方だけは、きちんと習熟していて
くださいね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

クロワッサン

Author:クロワッサン
母親の介護の日々を通して、好きな英語の世界や
興味のあることなどなど、綴っています。

最新記事
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。