*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
取扱説明書


西野カナさんは、可愛らしいですが

夫が私に

作ってみたらと言ったのは

91歳の母の

トリセツ。


父が亡くなってから昨年秋までは、私も母を独りにしている
後ろめたさと、なんとか、母に前向きに母自身の人生を
生きてほしいという思いで、必死でした。


とっても気張りすぎていたのかもしれません。

昨年秋あたりから、私の中で母に対する認識が
変わり始め、決定的に、

だめだ~、こりゃぁ~

と思ったのは、今年の元旦の出来事。

夫が昨日こんなことを言いました。

「お義母さんは、なにも変わっていないんだよ。
 面白いなと思ってさ」

そうです、母は一貫して、母のままです。

私の母に対する気持ちが大きく変わってしまっただけです。

どうして、なぜ?の不可解な思いの中で
まったく母のことが理解できず

そうですよ、私とはまったく真逆の性格ですから。

で、ムリ、

母を変えようとしたって、いまさらムリ。

ようやく・・・わかってきたのが

母を所有物のように扱っていた父という人の保護下で
母は、自分の存在義、または自分の居場所を見つけ
自分の頭で考えて判断し、行動するということをしないで
ほぼ、母の人生の全部を生きてきてしまったので

父が亡くなったあと、母は、どうしていいのかわからない状態
自分の頭で判断できないから、何の行動もできないし

早く死にたい

という発言ばかりのこの1年半の母の生き方だった
ということが

ようやく、私には理解できるようになりました。

それに認知症が加わり、また、なにがなんでも自分の面子だけを
保ちたいという母の性格とあいまって

思いっきり私を振り回してくれる

そんな日々が続いております。

それで、母のトリセツを作ったらと

夫は言うのです。

それにしても、母の面子を守ろうとするその方法

頭隠して尻隠さず

なのよね・・・

みえみえで、矛盾だらけで

だから、その都度その都度、
母に振り回されるたびに

トリセツに

書き込まなければならなくなるわけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

クロワッサン

Author:クロワッサン
母親の介護の日々を通して、好きな英語の世界や
興味のあることなどなど、綴っています。

最新記事
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。